qyresearch-newsの日記

QYResearch(QYリサーチ)は2007年に設立され、主な事業内容は、市場調査レポート、リサーチレポート、F/S、委託調査、IPOコンサル、事業計画書などの業務を行い、お客様のグローバルビジネス、新ビジネスに役に立つ情報やデータをご提供致します。米国、日本、韓国、中国、ドイツ、インドの6カ国に拠点を持ち、世界30か国以上においてビジネスパートーと提携しています。今までに世界160ヵ国以上、6万社余りに産業情報サービスを提供してきました。

食品用タマリンドガムのグローバル分析レポート2023

 

食品用タマリンドガム 市場概要

QYResearchが発行した新しい市場調査レポート「食品用タマリンドガムの世界市場レポート 2023-2029年」によると、食品用タマリンドガムの世界市場規模は2023年の99百万米ドルから2029年には147百万米ドルに成長し、予測期間中の年平均成長率は6.8%と予測されています。

タマリンドガムは「タマリンド種子多糖類」や「タマリンド種子ガム」とも呼ばれ、亜熱帯や熱帯気候で育つタマリンドの木(Tamarindus indica L)の種子から得られる。タマリンドガムは、タマリンドの種子から抽出される水溶性のガラクトキシログルカン多糖類を主成分としている。ガラクトキシログルカンは、グルコース残基に(1→6)-α-d-キシロピラノースと(1→2)-a-d-キシロピラノースが(1→6)結合したβ-d-ガラクトピラノシルの側鎖で部分的に置換された(1→4)-β-d-グルカンの直鎖からなる。タマリンドガム中の3つの糖成分(グルコース、キシロース、ガラクトース)の重量比は、それぞれ約3:2:1である。

タマリンドガムはタマリンドの種子の胚乳から得られ、工業的用途が期待できる種子ガムである。タマリンドガムは製紙、食品、繊維産業などに応用されている。近年は医薬品や化粧品への応用が進んでいる。

QYResearch社の調査に基づいているか、含まれています:食品用タマリンドガムの世界市場レポート 2023-2029

図.   食品用タマリンドガムの世界市場規模(百万米ドル)、2018年~2029年

QYResearch社の調査に基づいているか、含まれています:食品用タマリンドガムの世界市場レポート 2023-2029

市場促進要因

関連研究の継続的な深化と優位性の強調により、タマリンド多糖類ガムの応用は徐々に医薬、飼料、化粧品、日用品、工業、石油、電子、タバコなどの分野に拡大している。川下市場の急速な発展により、タマリンド多糖ガムの市場規模は拡大し続けている。

制約:

スペイン・ウクライナ戦争により、地域と世界の不安定さが増し、国家間の貿易障壁が原料供給に影響を与える。

機会:

タマリンドガムは、製造工程におけるコスト効率の高さから、近年グアーガムの代わりに広く使用されており、これも市場成長に寄与すると予想される。

図.   食品用タマリンドガムの世界市場規模、上位5社で全体の39.4%を占める

 

QYResearch社の調査に基づいているか、含まれています:食品用タマリンドガムの世界市場レポート 2023-2029

 

本レポートでは、住友製薬フード&ケミカル、Polygal AG、Qingdao Libangda Marine Technology、Premcem Gums、Dabur India Ltdなど、食品用タマリンドガムの主要プレイヤーを紹介しています。

2022年には、世界の食品用タマリンドガム上位5社が売上高で39.4%の市場シェアを占める。上図は、食品用タマリンドガムの売上高でランク付けされた主要プレーヤーを示している。

図.   食品用タマリンドガムの世界市場規模、製品セグメント別分割

 

 

QYResearch社の調査に基づいているか、含まれています:食品用タマリンドガムの世界市場レポート 2023-2029

 

製品タイプ別では、熱水溶性が84.9%のシェアを占め、最大のセグメントとなっている、

 

図.   食品用タマリンドガムの世界市場規模、用途別セグメントによる分割

QYResearch社の調査に基づいているか、含まれています:食品用タマリンドガムの世界市場レポート 2023-2029

 

製品の用途別では、調味料ソースが最大の用途で、21.6%のシェアを占めている、

 

 

図.   食品用タマリンドガムの世界市場規模、地域別構成比

 

QYResearch社の調査に基づいているか、含まれています:食品用タマリンドガムの世界市場レポート 2023-2029

 

 

 

著者紹介

Yunmei Sun---主執筆者

医療用試薬、半導体用高純度試薬、化学実験機器など、化学工業チェーン関連分野の研究に重点を置いている。

 

QYResearchについて

QYResearchは2007年に米国カリフォルニア州に設立された世界的な市場調査とコンサルティングのリーディングカンパニーです。16年以上の経験と世界各都市の専門調査チームにより、QYResearchは経営コンサルティング、データベース、セミナーサービス、IPOコンサルティング、業界チェーン調査、カスタマイズ調査に重点を置き、クライアントに非線形収益モデルを提供し、成功に導くお手伝いをしています。QYResearchは、その幅広いサービスポートフォリオ、良き企業市民としての姿勢、持続可能性への強いコミットメントにより、世界的に認められています。現在までに、世界5大陸で60,000社以上のお客様とお取引をさせていただいております。皆様とともに、大胆でより良い未来を築いていきましょう。

QYResearchは世界的に有名な大規模コンサルティング会社です。半導体産業チェーン(半導体設備と部品、半導体材料、IC、ファウンドリー、パッケージングとテスト、ディスクリートバイス、センサー、オプトエレクトロニクスデバイス)、太陽光発電産業チェーン(設備、セル、モジュール、補助材料ブラケット、インバーター発電所端末)、新エネルギー自動車産業チェーン(電池と材料、自動車部品、バッテリー、モーター、電子制御、自動車用半導体など)、通信産業チェーン(通信システム設備、端末設備、電子部品、RFフロントエンド、光モジュール、4G/5G/6G、ブロードバンド、光通信モジュール)、通信産業チェーン(通信システム設備、端末設備、電子部品、RFフロントエンド、光通信モジュール、4G/5G/6G、ブロードバンド、光通信モジュール)など、様々なハイテク産業チェーンの市場セグメントをカバーしています。 通信産業チェーン(通信システム設備、端末設備、電子部品、RFフロントエンド、光モジュール、4G/5G/6G、ブロードバンド、IoT、デジタル経済、AI)、先端材料産業チェーン(金属材料、高分子材料、セラミック材料、ナノ材料など)、機械製造産業チェーン(CNC工作機械、建設機械、電気機械、3Cオートメーション、産業用ロボット、レーザー、産業用制御、ドローン)、食品・飲料・医薬品、医療機器、農業など。

■レポートの詳細内容・無料サンプルお申込みはこちら
https://www.qyresearch.co.jp/customized

 

■世界トップレベルの調査会社QYResearch
https://www.qyresearch.co.jp

■本件に関するお問い合わせ先
QY Research株式会社

日本現地法人の住所: 〒104-0061東京都中央区銀座 6-13-16 銀座 Wall ビル UCF5階
TEL:050-5893-6232(JP);0081-5058936232
マーケティング担当 japan@qyresearch.com